最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2015年7月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

日本人にとって最も馴染み深い食事といえば、やはり和食です。
子供の頃から数え切れないほど食べてきたジャンルの料理だからこそ、それに対しての一般の評価は他の料理に比べて厳しいものになります。
つまり日本国内で和食で勝負をするというのは、ある意味では相当に腕に自信がなくては出来ることではないのです。
だからこそ老舗と呼ばれる店には安心感があり、実際に美味しい食事を楽しむことが出来ます。
逆にあまり馴染みのない店の場合は、どんな料理が出てくるのかも分からないですし、味も未体験なので自分の口に合うかどうか不安になります。
こういったリスクに関しては、自分ひとりでの外食であったり、長い付き合いの友人とならそれほど深刻なものではありません。
しかし会食などで利用する場合は、やはりそういうリスクとは無縁の安心できる店を選びたいものです。

飲食店選びの基準の一つに料金があります。
有名店や老舗などは比較的料金も割高なのが一般的ですが、しかし現在では必ずしも料金の高い店が「美味しい」というわけでもなくなってきているのです。
最近では「安くても美味しい店」が増えていて、そういった店の評価が高くなってきています。
店の方でも安くて美味しい料理を客に提供できるよう、仕入れから調理、人件費に関してもとことんまで追求し、工夫しています。
こうすることで高級店と大差のない味を低価格で提供できているのです。
現在、テレビのグルメ番組やワイドショーなどでもこういった店を取り上げる回数が増えているので、今後この傾向はますます上昇していくだろうと予想されています。

鯛のお造りなどの高級なイメージがある料理から、「おでん」などの庶民的なイメージのある料理まで、とにかくジャンルが豊富なのが日本食です。
しかも現在では高級店と一般的な価格の店が、それほど味に差がなくなってきているので、利用する方にとっては選択の幅がより広くなってきています。
会食などで利用されるのはやはり和食が多いようですが、これはつまり「日本食」が私たち日本人に馴染みのある料理であるからこそ多くの人たちに選ばれているのでしょう。
そして料理についての知識がそれほどなくても、大体はどんな味なのか見た目だけで予想できるのも日本食の良いところです。
しかし外国の方たちと会食をする際は、そういった方たちは日本食に慣れていないので、私たちほどのイメージを持っていませんから注意する必要があるでしょう。

オススメリンク

見直されている

一過性のグルメ料理と言うのはこれまでにも散々あったと言えるの…Read more

関連リンク